忍者ブログ
主にパンヤでの活動についてテケトーに綴ってます
カテゴリー
* パンヤ日記(18) * パンヤ更新情報(6) * クラブ関係(5) * PPガチャ奮闘記(4) * せらの成長過程(4) * パンヤその他(4) * HIO攻略更新♪(6) * 私的日記(3) * 未選択(0)
  カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  プロフィール
HN:
せらふぃ〜
年齢:
37
性別:
非公開
誕生日:
1981/11/05
職業:
今は一応公務員
趣味:
パンヤ!たま~に絵を描きます
自己紹介:
主に島サーバーで平日は18時~21時に活動しています。大会によく出没します~。天使の羽まで後一歩のシニアAです~。

現在のスコア(合計-193)
Wind Hill   -11 1023PP
Wiz Wiz    -18 1720PP
Silvia Cannon - 5 1645PP
Blue Water   -18 1035PP
Sepia Wind   -19 2052PP
Blue Moon   -19 2231PP
Ice Cannon   -23 3504PP
Blue Lagoon  -18 2176PP
West Wiz    -20 1616PP
White Wiz   -18 1525PP
Shining Sand -24  1069PP
  最新コメント
[02/19 パンヤマニア]
[02/12 かっちん]
[12/06 時雨]
[12/02 片桐]
[11/29 とまと]
  メールフォーム
スカッとゴルフパンヤRing 参加サイト一覧 前のサイト ランダム移動 次のサイト スカッとゴルフパンヤ公式サイト
  カウンター
  アクセス解析
  著作権表示
©2004 Ntreev Soft Co.,Ltd. All Rights Reserved. Exclusive License ©2004 HanbitSoft, Inc., All rights reserved. ©2004 Gamepot Inc., All rights reserved.
広告
[51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44]
2019/10/16 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/10/07 (Sat)

 さ、昨日中途半端なところで終わらせてしまったのですが、残りの13H16Hの攻略をしたいと思います~(≧∇≦)/

 ではまずは13Hの最後のパターン

pangya_225.jpg

←カップまでの距離は169y、高低差-14.3m

3I使用時のトマバックで195yちょっとのところに着弾します

ですので88%といったところです。

 他のパターンにあわせるために3Iで統一しています。風の読み方が合わせやすくなりますからね~。 

sera_nbanar03.png

 

←こんな感じになりますよ~

 ここまでの2,7,13Hは急激な落差等にさえ慣れてしまえば問題なくHIO決めていけるのではないでしょうか。(´ー`)

 さて問題は16H! 高い崖がグリーンの前に立ちはだかって、様々な障害を作り出してプレイヤーのHIOを防いでいるにっくき存在です!(そこまでいうかヽ (´ー`)┌ )

 ここだけは完全な攻略は厳しいかもしれません。ピン位置や風によっては絶対に入らない状況になってくるからです。 その中でもなんとかHIOを決めることのできた1パターンを公開します~(´ー`)

pangya_228.jpg

 

←カップまでの距離は184y、高低差は-3.15m

3I使用時に189y前後飛びますので、96%くらいです。

sera_nbanar03.png

    

←まったく見えていませんがBIつかずのダイレクトでした

 さきほども言いましたが、ここは風の状況によって絶対にはいらないことがあります。 それはピン位置にもよるのですが、実質3Iしか使えないからです。 なぜかといいますと、まず2Iは確実に崖に当たります。 それでは4Iはというと、微風、若しくは強いアゲインストの場合はピン位置によるところもありますが、届きません。 ただこちらは強めのフォローがふけば届く可能性はでてきます。

 また、別のパターンにカップまでの距離が189yのものがあるのですが、これは1m時の3Iトマバックでぎりぎり1yほど残して届かないことがわかりました。 このピン位置の場合、いくらサイレントウイドを使おうが、というよりも使うことによって入る可能性を0にする恐れがあります。

 ちなみにトマトップにした場合、トマバックに比べて着弾点が手前になるので、スピン7固定の場合は同じく届きません。 このパターンのピン位置になったらフォローであることを祈るしかないようです。

 まぁここまでに書いたことはあくまで真っ直ぐ崖越えを狙う場合、ですけどね。 ヘタレな私にカーブで迂回していれる方法なんて検証できませ~んヽ ('д')┌

 と、いうわけなので、しばらく16Hについては検証を続けるつもりですが、限界は意外と早くくると思うので、これでICのHIO攻略は終わって他のコースに移るかもしれませんので、ご了承のほどよろしくお願いしますm(__)m

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *